((ナビゲーション)) トップページ > 京都の絵 > 京都絵カレンダー(壁紙カレンダー)・・・京都の絵でカレンダー作ってみました

京都絵カレンダー(壁紙カレンダー)・・・京都の絵でカレンダー作ってみました

2007年02月14日

やっと制作できました。京都絵100回修行から生まれたカレンダーです。

京都絵100回修行から生まれたコンテンツ

疾風丸晃司(hayate)のブログ「京都へのラブレター」にて、京都の写真を拝借して絵の修行を行う「京都絵100回修行」を実施。多数の京都人ブロガー、京都ファンブロガーの協力により、ゴールを迎えることができました。

素材提供に協力してくれたブロガーに大感謝の意を表しまして、3ヵ月毎の「壁紙カレンダー」として表現していきます。

本当は1月に完成予定でしたが、2月になりやっと手がけることができました(遅くなってしまい申し訳ありません)。

この絵の修行を通じて、自分が描きたい京都の絵の方向性を確認でき、多数のブロガーとのコラボを楽しむことができました。素材提供に協力していただいたブロガーはkaresansuiさん、@まけさん、@くみさん、道舟さん、rina-ohaさん、マイキーさん、わかさん、りせさん、まめさん、いけこさん、龍3さん。他、閲覧者の皆様、ありがとうございました。

創作活動はジャングルをさまようようだった

毎日、家族が寝静まった深夜に一人で絵を描く。狭い部屋での創作活動は、正直、家族に迷惑をかけてしまいます。それでも我慢してくれた妻にも感謝です。

まだ方向性が固まらず、特に絵の勉強をしたわけでもないため、手探り状態で進めていました。そのプロセスを公開させていただく過程で、素材をご提供いただいたブロガーの皆様をはじめ、いつもブログを見に来てくださる方々の励ましのお言葉がありました。ついに京都の絵は100枚に。やりとげた、達成感は最近味わったことの無いものでした。

本来であれば、完成品を掲載すればいいのに、なぜ途中のプロセスまで公開したのか。それは「素材をお借りしたので、進捗状況を報告する義務がある」と考えたからです。

ハイブリッド日本人を目指して

いままでも京都の絵を描き続けてきましたが、100枚連続、そして素材をお借りして描くのは初チャレンジでした。この創作活動は、僕の生活にいい変化をもたらしました。

僕の仕事は、以前はクリエイティブな業務を担当していたのですが、ここ数年はいわゆる「経営寄りのカタイ仕事」に従事しています。デスクワークの日々です。経験を積めば、現場よりマネージメント的な方面に回されるのが常だとは思いますが、これが辛い。面白い業種なのに、カタイ仕事を担当する。「ねー、今の仕事面白い?」と同僚につっこまれる。かなりストレスになっています。この反動が、「何かを創作したい!」という思いで出てきます。そういう意味では、カタイ仕事もいい方向に働いているかもしれません(結局、このカタイ仕事をしっかりやることで、将来間違いなく役に立ちそうなことがわかってきました)。

ハイパーメディアクリエイターの高城さんも、「ヤバイぜ!デジタル日本」という著書の中で、創作活動の素晴らしさを説いています。


--------------------------------------------------
クリエイティブは自由であり、
場所も人も選ばない
--------------------------------------------------

なんでもいいから、作ってごらん。
きっと楽しいから。
人はそうできているんだ。

------高城剛氏(「ヤバイぜ!デジタル日本」より)


この本の中で大変共鳴を覚えたのは、ハイブリッドな日本人になる、ということです。

ハイブリッド日本人になるポイント


(1)ひとつのことにこだわりすぎず、可能であるふたつのことを並行して進める、やわらかい発想を持つこと
(2)組み合わせ可能なものを探したり、組み合わせるのがうまい職業の人を評価し、観察し、まねてみること
(3)実際に何と何を組み合わせると可能性と楽しみが広がるかを、自分なりに試してみること
(4)マルチスペシャリストを目指し、ふたつ以上の分野でスペシャリストになるのはどうしたらいいかに徹底的に挑戦すること
(5)生活時間帯を見直し、自分なりのバランス・ポイントを早急に探し出すこと

その結果・・・
(1)地震やテロ、経済危機に直面しても、現在従事している仕事以外の収入の可能性があること
(2)自分の可能性や楽しみが倍増すること
(3)生活を変えることで、発想がまったく新しくなること

◇ハイブリッド◇
まったく異なるものを、スタイルで融合させる
同時二極化
ポジティブ分裂
二極の中心となるバランス点、が重要



この本を読んでハイブリッド日本人になろうとしたわけではなく、たまたま「あーそうだったんだ」と共感することができて、スッキリしました。ハイブリッド日本人になりたかったんだ、僕は。

ブログや創作活動、そしてメルマガの発行などを通じて、コミュニケーションがかなり活性化してきた気がしています。僕が自分の思いを加速化させるためのチャレンジをすることで、それがまた誰かとつながり、そしてその人がまた動き出す。

まさに「ガンダム、大地に立つ。」感覚。
「何か武器はないのか、武器は!」とマニュアルをめくるアムロですが、最後はマニュアルではなく感覚で勝利する。

感覚、ですね。

実際、ブログをやめようと思っていた方が、僕のメルマガで紹介させていただいた後、やっぱり続けることにして、その後ブロガーとのつながりも広がってきたという現象もあります。

「気づけばみんなのために」ですね。
Web2.0ワールドの解説で出てくる「フォークソノミー」という概念だと思います。

写真をお借りして、その絵を描く。これによってコミュニケーションが生まれ、写真を撮影したブロガーの体験をほんの少しだけ追体験・共体験する。それによってまた新たな思いが芽生える。これはこれからもやっていきたいと思います。



京都絵カレンダー



サイズは「1024×768」です。

2007年1月〜3月分


京都絵カレンダーvol.1

2007年4月〜6月分


京都絵カレンダーvol.2

2007年7月〜9月分


京都絵カレンダーvol.3

2007年10月〜12月分


京都絵カレンダーvol.4


posted by hayate at 20:00 | 京都の絵 はてなブックマーク - 京都絵カレンダー(壁紙カレンダー)・・・京都の絵でカレンダー作ってみました
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

SI






新着記事
京都DVDスライドショー
カテゴリ

カスタムサーチエンジン

↓京都について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。
最近のトラックバック
京都のDVD
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
京都彩時記 冬 [DVD]
京都彩時記 冬 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都関連tweet

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。