((ナビゲーション)) トップページ > 京都から学ぶ > オオシマさんから学ぶ「京都のまちなか」

オオシマさんから学ぶ「京都のまちなか」

2006年06月21日

ビジネス・キャラバンレポートその2の1

京都人ブロガーや京都ファンブロガーの知識やネットワーク、そして情熱をドライバーにして、ビジネスをやってみたい。また京都に蓄積された素晴らしいノウハウを勉強し、自分に活かして生きたい。そんな構想を実現に移すべく、私ayate(フルで書くペンネームは、”疾風丸晃司””ハヤテマルコウジ”です)は初めて「観光目的でない京都旅行」を実行しました。

前回の「京都パン部」のニワケンさんにお会いした後、「三条あかり景色」の渉外担当でもあり、数々の事務局を運営されている「京都ブランドって何だろう?」ブログのオオシマさんとお会いしました。

もう一度、「ビジネス・キャラバン」の確認

京都人ブロガーの皆様とコラボして、何か企画して、それをビジネスにしていく。目的は「月一で京都に通いた〜い」というシンプルな願いをかなえたいのです。京都人ブロガーの活動に貢献させていただきながら、京都に通う資金を集めていきます。さらにお友達も増やして、かつ京都についていろいろお勉強させていただくという方向性で考えています。京都人ブロガーと京都ファンブロガーをつなげていきたいです。

チイサナコトカラ、コツコツと。

今回のコラボレーション・パートナーは「京都ブランドって何だろう?」ブログを運営する、オオシマさんです。


新風館で待ち合わせ

さて、6月10日(土)のお話です。ニワケンさんとの面会の記事でも書きましたが、7時台の新幹線「こだま」で東京駅を出てから、11時40分に京都に着きました。12時に「COCON KARASUMA」でニワケンさんと待ち合わせをして、2時間ほど「ロビンソン烏丸」でランチしながらいろいろブレーンストーミングしました。大変盛り上がりました。その後、ホテルにチェックインしてからニワケンさんといっしょにオオシマさんとの待ち合わせ場所である「新風館」へ。待ち合わせまで時間があったので、「ask a giraffe」でお茶しました。15時、中央の広場でオオシマさんと合流し、ニワケンさんをオオシマさんにご紹介。お二人は建築関連のお話で盛り上がっていました。知り合いの知り合いはまた知り合い、そんなことがここでもおきたようです。「京都パン部」ブログと「京都ブランドって何だろう?」ブログが、オフラインでつながった瞬間でした。

 ⇒レストランCOCON KARASUMA
  http://www.coconkarasuma.com/

 ⇒ビル新風館
  http://www.shin-puh-kan.com/

 ⇒レストランask a giraffe
  http://www.shin-puh-kan.com/light/shop/110/


絵本カフェ「TRACTION」でオオシマさんから学ぶ


TRACTION「文椿ビルヂング」に移動して、絵本カフェ「TRACTION」でしばし歓談。本がたくさんならぶ、なごみ系のカフェでした。本好きのhayateはキョロキョロしてしまいましたが、オオシマさんに集中、集中。ブログやメールではもう馴染んでいますが、面会は初めてだったので改めて自己紹介や雑談をしました。



「楽洛まちぶら会」のメンバー

オオシマさんは「スーク創生事務所」の代表をなさっており、「調査研究からイベント企画まで」をモットーに幅広く活動。まちづくり支援やセミナー企画、ライター業務、そして数々のプロジェクトの事務局運営を行っています。京都で事業活動やまちづくり活動を展開している有志で構成されている「楽洛まちぶら会」のメンバーでにもなっていて、この団体が主催する「三条あかり景色(毎年9月実施)」の活動にも関わっています。行政対応、イベント実施エリアのネゴシエーション、各種調査企画など、主に渉外活動を担当されています。まずはオオシマさんが作成された昨年のレポートを拝見しながら、このプロジェクトの概要と目的、反応等をお話いただきました。

三条通りの建築物に、プロジェクターを投影

「日本では他に例のない、非常に面白く画期的なプロジェクト」というのが個人的な感想でした。三条通りの建築物に、プロジェクターを投影するんだそうです。あかりの演出なども施し、さらに街を楽しく回遊できるような仕掛けも準備。遊びにきた人たちを飽きさせない工夫をなさっているのがすごい。また、ボランティアで参加する企業、団体、個人、学生が多いのも驚きました。楽しい面、やりがいのある面だけではなく、プロジェクトとしてのご苦労や今後の課題も教えていただきました。オオシマさんがおっしゃった「街づくりは資産価値につながる」というお言葉どおり、京都にはブランド資産が豊富にあること、そしてそれらを真剣にささえようとする人的パワーがたくさんあることを知りました。

京都から学ぶ「まちぶら」の意味

また、改めて実感したのは、京都におけるこのようなアクションを勉強することは非常に有効であること。自分の住んでいる「まち」を元気にするヒントを学べると思います。多種多様な資産を保有する京都のようには行きませんが、少しでも応用できれば、地元の活性化につながることができるでしょう。「まちぶら」という言葉どおり、「街をぶらっとして楽しいかどうか」は重要な指標だと思います。


三条あかり景色の概要(抜粋)

 まちなかの新しい夜の景観の提案、まちなかの楽しみ方を提案し、新しい京都ブランドを創造するチャレンジとして、沿道の住民や事業主、京都の企業等のサポートを得ながら実施しています。「三条通を映像のビエンナーレに」「夜、お洒落に楽しく散策できる空間の演出」「人と店のネットワーク」という新しいコンセプトによるまちづくりを展開しており、昨年は期間中15万人の方が来訪するなど、徐々に「京都都心部の秋の風物詩」として定着しつつあると考えられます。今年は、さらに量、質ともにクオリティを上げ、過去2回の経験と教訓を生かし、より主催者側のメッセージを伝えることができる取組としていく予定です。このような道路を中心とした公共空間における「多数の映像を壁面に複数直接照射する」という地域が一体となったあかりの演出、表現方法は、全国的にも例がない京都ならではの取組であると考えています。
                                                     「三条あかり景色」ウェブサイトより



三条あかり景色2006は、「2006年9月16日(土)〜19日(月)」に実施されます。

 ⇒ビル文椿ビルヂング
  http://www.fumitsubaki.com/

 ⇒レストランTRACTION
  http://www.fumitsubaki.com/shop/traction/index.html

 ⇒イベント三条あかり景色
  http://www.do-kyoto.jp/machi/akari/
 
 ⇒トイレ楽洛まちぶら会
  http://www.do-kyoto.jp/machi/outline/index.htm


オオシマさんとの面会に関するビジネス・レポートは、第2回につづきます。お楽しみに!




posted by hayate at 22:40 | 京都から学ぶ はてなブックマーク - オオシマさんから学ぶ「京都のまちなか」
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

SI






新着記事
京都DVDスライドショー
カテゴリ

カスタムサーチエンジン

↓京都について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。
最近のトラックバック
京都のDVD
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
京都彩時記 冬 [DVD]
京都彩時記 冬 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都関連tweet

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。