((ナビゲーション)) トップページ > 京都の神社仏閣 > 冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ

冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ

2010年02月11日

冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ

引き続き、京都在住エンジニアのKeisukeさんと行動します。「私このあと、建仁寺見学しますが、ご一緒にいかがですか」「よかろう」ということになり、2人で境内へ進みます。日が傾き始めた庭から入口へ。さらに暗くなる場所にあるのが「風神雷神図」の屏風(複製)。空間に意味を持たせるこの構図が大好きで、私自身もイラストを描く際に少し加えている「余白の妙」みたいなところに影響を受けています。観光客が座ってオレンジ色に照らされた風神と雷神を眺めています。その横にある像に興味を示すKeisukeさん。「なんです?」「いやね、ここに韋駄天があるから、受付になっているこの場所(本坊)が「台所」だったって証拠なんだよね。韋駄天がいれば、食べ物なんかを盗もうとしても追いかけるよ、っていう警告になるんだよ」「なーるほどですねー!」。韋駄天ってその素早いイメージしか持っていませんでしたが、wikipediaを見てみたら「日本の禅宗では厨房や僧坊を守る護法神として祀られる」とありました。さらに面白いことが書いてありましたよ。

韋駄天が釈尊のために方々を駆け巡って食物を集めたとの俗信に由来して「ごちそう(御馳走)」という言葉が出来た。(wikipediaより)


御馳走というのは、そういう意味で「感謝せにゃあかんでー」ということですね。


「建仁寺」は京都最初の禅寺

桃山時代の池泉回遊式庭園がいろんな角度から楽しめます。観光エリアど真ん中に、こんなに開放的な禅寺があるということに驚きます。広めの「方丈の石庭」を息を押さえながらしばらく眺めたあとは、「法堂(はっとう)」に移動して天井の「双龍の絵」を眺めます。上を見上げるので、すっかり首の運動になりました。口を開けたままの人もいるほど、その絵は大迫力。みなさん無言で堪能されていました。方丈に戻ってきたら。また石庭を眺めます。今度は座ってみました。「大雄苑」という名の通り、すっきりとダイナミック。

建仁寺



違うタイプの庭を楽しめる幸せ

「潮音庭」は四方から眺めることができます。つまり、庭を見ている人たちと遠くながら対面することがある、ということです。また誰かが眺めている後姿がそこに加わると、まるで美のコロシアムとでもいいましょうか。なにか自然の舞台を眺めている感じ。たぶん、みなさんお気に入りの場所って異なると思います。それがまた面白い。「○△□乃庭」は、その庭の中に○△□を見立てています。探してみてください。

建仁寺



建仁寺のウェブサイトはシンプルですがとてもわかりやすい。禅のコンセプトが情報設計にも入っているということでしょうか。

参考情報:
建仁寺





ということで、このあとは別の予定が入っていたので、お世話になったKeisukeさんと握手を交わしてさよならしました。Keisukeさんありがとうございました!



posted by hayate at 21:47 | 京都の神社仏閣 はてなブックマーク - 冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

SI






新着記事
京都DVDスライドショー
カテゴリ

カスタムサーチエンジン

↓京都について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。
最近のトラックバック
京都のDVD
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
京都彩時記 冬 [DVD]
京都彩時記 冬 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都関連tweet

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。