((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

リズム、リップル、ランダム(モレスキン画)

2010年02月27日

リズム、リップル、ランダム



リズム、リップル、ランダム
 
Rhythms, Ripples,Random

太陽に向かうリズム
自然のフォーメーション
向かうは宇宙
全体の総和はひとつ残らず
つながりはじめる

地上に広がるリップル
空気へのダンシング
向かうは最果て
もれなく、だぶりなく
気づくだろう

はじまりはいつもランダム
戸惑いのテレポーテーション
向かうは点と点
線になり面になり
やがてひとつへ



モレスキンアートのコミュニティサイトでも公開中です!こちらもどうぞ!skine.artでのhayatenokoujiページ

posted by hayate at 22:49 | 京都の絵 はてなブックマーク - リズム、リップル、ランダム(モレスキン画)
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

古寺の階段、君を追って(モレスキン画)

2010年02月25日

古寺の階段、君を追って
ブログや京都OFF会で仲良くさせていただいている「京都walker」ブログの一休さん。いつも素晴らしいお写真を撮影なさっています。一休さんがとらえた、知恩院の階段の写真。とても印象的だったので、勝手にストーリーを作ってモレスキンという人気のノートに描いてみました。(クリックで拡大します)


古寺の階段、君を追って
 
午前3時
惨事な夢だとわかり
ぼやけた天井ながめてる
TEL、忘れただけでこれだけ開く君との距離
長すぎるその時間と空間
感じる心のバイブレーション
君のひとことセンセーション
僕と君とはロングヴァケーション
 
ただのぼる
僕はのぼる
古びた寺の階段のぼる
stairs, stairs, stairs, stay with me
週に一度のお願いだから
思い出したら振り向いて
たった45度だけでいいから
 
ややのぼる
僕はのぼる
古びた寺の階段のぼる
stairs, stairs, stairs, star light
夜でも朝でも歩き続けるから
月に四度のお願いだから
思い出したらそぶりを見せて
たった15度だけでいいから



モレスキンアートのコミュニティサイトでも公開中です!こちらもどうぞ!skine.artでのhayatenokoujiページ

posted by hayate at 22:59 | 京都の絵 はてなブックマーク - 古寺の階段、君を追って(モレスキン画)
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

『京都精華大学ブログ』さんを探訪【京都ブログ探訪】

2010年02月20日

(このメルマガは、2010年2月3日に配信しました)

京都関連ブログをご紹介するメルマガを発行しています。114号を発行しました。114号は「ブログ紹介バージョン」です。今回は、「京都精華大学ブログ」さんを探訪してみました。●続きを読む●
posted by hayate at 22:37 | 京都ブログを紹介するメルマガ はてなブックマーク - 『京都精華大学ブログ』さんを探訪【京都ブログ探訪】
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

京都の庭に雪、降れば(モレスキン画)

2010年02月19日

京都の庭に雪、降れば


禅の庭がモノクロームになるとき、逆にハッキリしてくるのは、あなたの心の中ではありませんか?冬は内にこもりがちですが、ある意味「白と黒のデジタル」な状態。白黒はっきりさせたいことがあれば、庭を見に出かけましょ。


日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
posted by hayate at 23:02 | 京都の絵 はてなブックマーク - 京都の庭に雪、降れば(モレスキン画)
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

京都に雪、降れば(モレスキン画)

2010年02月15日

京都に雪、降れば(モレスキン画)

ブログや京都OFF会で仲良くさせていただいている「京都walker」ブログの一休さん。いつも素晴らしいお写真を撮影なさっています。一休さんがとらえた、冬の雪降る京都のワンショットをモチーフにしたらこんな京都っぽい絵ができました。モレスキンという人気のノートに描いてみました。(クリックで拡大します)



posted by hayate at 21:52 | 京都の絵 はてなブックマーク - 京都に雪、降れば(モレスキン画)
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

『 Happy photo life ... 』さんを探訪【京都ブログ探訪】

2010年02月15日

(このメルマガは、2009年12月23日に配信しました)

京都関連ブログをご紹介するメルマガを発行しています。113号を発行しました。113号は「ブログ紹介バージョン」です。今回は、「Happy photo life ...」さんを探訪してみました。●続きを読む●
posted by hayate at 20:00 | 京都ブログを紹介するメルマガ はてなブックマーク - 『 Happy photo life ... 』さんを探訪【京都ブログ探訪】
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

『 Naturo Rauke』さんを探訪【京都ブログ探訪】

2010年02月14日

(このメルマガは、2009年11月7日に配信しました)

京都関連ブログをご紹介するメルマガを発行しています。111号を発行しました。111号は「ブログ紹介バージョン」です。今回は、「Naturo Rauke」さんを探訪してみました。●続きを読む●
posted by hayate at 12:47 | 京都ブログを紹介するメルマガ はてなブックマーク - 『 Naturo Rauke』さんを探訪【京都ブログ探訪】
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ

2010年02月11日

冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ

引き続き、京都在住エンジニアのKeisukeさんと行動します。「私このあと、建仁寺見学しますが、ご一緒にいかがですか」「よかろう」ということになり、2人で境内へ進みます。日が傾き始めた庭から入口へ。さらに暗くなる場所にあるのが「風神雷神図」の屏風(複製)。空間に意味を持たせるこの構図が大好きで、私自身もイラストを描く際に少し加えている「余白の妙」みたいなところに影響を受けています。観光客が座ってオレンジ色に照らされた風神と雷神を眺めています。その横にある像に興味を示すKeisukeさん。「なんです?」「いやね、ここに韋駄天があるから、受付になっているこの場所(本坊)が「台所」だったって証拠なんだよね。韋駄天がいれば、食べ物なんかを盗もうとしても追いかけるよ、っていう警告になるんだよ」「なーるほどですねー!」。韋駄天ってその素早いイメージしか持っていませんでしたが、wikipediaを見てみたら「日本の禅宗では厨房や僧坊を守る護法神として祀られる」とありました。さらに面白いことが書いてありましたよ。

韋駄天が釈尊のために方々を駆け巡って食物を集めたとの俗信に由来して「ごちそう(御馳走)」という言葉が出来た。(wikipediaより)


御馳走というのは、そういう意味で「感謝せにゃあかんでー」ということですね。


「建仁寺」は京都最初の禅寺

桃山時代の池泉回遊式庭園がいろんな角度から楽しめます。観光エリアど真ん中に、こんなに開放的な禅寺があるということに驚きます。広めの「方丈の石庭」を息を押さえながらしばらく眺めたあとは、「法堂(はっとう)」に移動して天井の「双龍の絵」を眺めます。上を見上げるので、すっかり首の運動になりました。口を開けたままの人もいるほど、その絵は大迫力。みなさん無言で堪能されていました。方丈に戻ってきたら。また石庭を眺めます。今度は座ってみました。「大雄苑」という名の通り、すっきりとダイナミック。

建仁寺



違うタイプの庭を楽しめる幸せ

「潮音庭」は四方から眺めることができます。つまり、庭を見ている人たちと遠くながら対面することがある、ということです。また誰かが眺めている後姿がそこに加わると、まるで美のコロシアムとでもいいましょうか。なにか自然の舞台を眺めている感じ。たぶん、みなさんお気に入りの場所って異なると思います。それがまた面白い。「○△□乃庭」は、その庭の中に○△□を見立てています。探してみてください。

建仁寺



建仁寺のウェブサイトはシンプルですがとてもわかりやすい。禅のコンセプトが情報設計にも入っているということでしょうか。

参考情報:
建仁寺





ということで、このあとは別の予定が入っていたので、お世話になったKeisukeさんと握手を交わしてさよならしました。Keisukeさんありがとうございました!

posted by hayate at 21:47 | 京都の神社仏閣 はてなブックマーク - 冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

冬の京都旅行-京都在住のエンジニア「Keisukeさん(京都SWITCH)」と散策

2010年02月06日

今朝、京都は雪だったのですね〜!京都滞在中にものすごい雪に見舞われたことがありましたが、その寒さったらすごかったのを思い出します。

さて、1月の京都旅行ではいろんな京都ブロガーの方にお会いしたのですが、今回、はじめてtwitterで知り合ったエンジニアの方と行動することになりました。「チームLeft Handle(京都の西陣を拠点にしているIT系個人事業主のグループ)」が運営するオンラインマガジン「京都SWITCH」のKeisukeさんです。髭と帽子がかっこいい兄さんです。


京都を自分流で楽しむ兄さん

シリコンバレーにもいたことがあるという、実力派エンジニアのKeisukeさんとは、今後いろいろなコラボレーションを展開したくて日ごろより情報交換させていただいております。Webテクノロジーを利用したコンサルティング・設計・開発が可能なチームLeft Handleは頼もしい存在。そのあたりでなにかあれば、問い合わせをお願いいたします。

ハイアットリージェンシー京都のロビーで待ち合わせをしました。こちらのレストランでランチしようと思ったのですが、通し矢の賑わいがこちらにも影響し、満席。ということで京都散策をしながら祇園方面へと歩くことにしました。途中、Keisukeさんの京都ミニ知識を拝聴しながら、なるほどですねーを連発するハヤテノコウジ。「街かどにある小さい鳥居の謎」がやっと解けました。Keisukeさんの相棒、Ryosukeさんによると「京都は10メートルごとにVOW的要素に遭遇する」なのだそうですが、その話をした数秒後、「子豚を散歩させるおばあさん」を目撃し、その法則を納得したのでした。

OKU

「桃庭」さん→「OKU」さんと流れ、京都な雰囲気を満喫

花見小路の「桃庭」さんという、元お茶屋さんな中華料理店でおいしいランチを食べ(酢豚がうまかったです!)、そのあとは裏花見小路の「OKU」さんで珈琲を飲みました。話す内容はいろいろでビジネスの話、Keisukeさんが開発したシステムの話、シリコンバレー時代の話、京都の話、京都SWITCHの話などなど、初対面とは思えない盛り上がりでした。知識と経験が豊富な先輩とディスカッションする後輩、といった雰囲気に見えたかもしれません。ところで「OKU」さんは、たまたま「桃庭」さんから近かったので入ったのですが、プリンなどのスウィーツで有名らしいですね。私たちはふらっと入れましたが、どんどん待ちのお客さんが増えてきてびっくりしました。ここはおっさん2名でくるところではなかった、とKeisukeさん。でもおいしい珈琲でしたよねー。

それにしても私は、京都では中華料理ばっかり食べています。だっておいしいお店が多いんだもの。

ということで、このあとは建仁寺散策もご一緒しました。


参考情報
京都SWITCH
http://ks.lefthandle.net/

桃庭
http://www.taotei.com/cgi-bin/taotei/siteup.cgi?category=2&page=0

OKU
http://oku-cafe.shop-pro.jp/






posted by hayate at 13:54 | 京都グルメ はてなブックマーク - 冬の京都旅行-京都在住のエンジニア「Keisukeさん(京都SWITCH)」と散策
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

「五辻のこんぶやさん」のお茶漬けを朝食に

2010年02月06日

さきほど、「東山雑記」のいけこさんが上京した際にお土産としていただいた、「五辻の昆布」の「お茶漬け若布」を玄米ご飯にかけて、お湯をさらっとそそぎ、ずずずっと。

あられと若布(わかめ)と塩加減が抜群なお茶漬けになりましたよ。土曜日の朝から京都を味わえて、とても幸せなのでした〜!


gotsujinokonbu.jpg

贈り物とか、お土産にちょうどいい、「五辻のこんぶやさん」をこれからも注目していこうと思います。北野天満宮あたりを散策される際に、お店に寄ってみてはいかがでしょうか?

五辻の昆布
http://www.itutuji.com/index.html



posted by hayate at 11:13 | 京都グルメ はてなブックマーク - 「五辻のこんぶやさん」のお茶漬けを朝食に
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

今読んでいる本「京都魔界案内」

2010年02月05日

大好きな青山ブックセンター本店にて、新しい旅の発見みたいなコーナーがありました。そこにあった「京都魔界案内」を購入。長い歴史を持つ京都だからこそ存在する「そこにあったもの」「そこにある理由」をひも解く内容となっています。タイトルに「魔界」がありますが、著者は「魔界=不思議のあった場所」ととらえて京都各地の持つ歴史を切り取っていきます。普段、観光客として何気なく「うわぁ!すごい!」と思っていた場所、通り過ぎていた場所の「意味」が少しずつ分かってくる。読み進めるのがもったいない感じで、ゆっくり読んでいます。陰陽師の話、仏教の話、貴族の話、天皇の話、妖怪の話、地獄の話など、もうひとつの歴史書といった感じで勉強になります。私はきっと、何度も読み直すでしょう。京都を魔界ととらえた書籍は何冊かありますが、華やかな表面では見えなかった裏側の京都のストーリーを発見できます。祇園祭の意味とは・・・それはこの本の中で確かめてください。

京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ (知恵の森文庫)

4334781438

関連商品
京都・異界をたずねて (新撰 京の魅力)
京都「魔界」巡礼 写真と地図でたどる“魔の名所”完全ガイド (PHP文庫)
図説 歴史で読み解く京都の地理
怖いこわい京都、教えます
誰も知らなかった京都聖地案内 京都人が能楽にこめた秘密とは (知恵の森文庫)
by G-Tools
posted by hayate at 22:49 | 京都の文献 はてなブックマーク - 今読んでいる本「京都魔界案内」
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

冬の京都旅行-通し矢、は見れなかったけれど三十三間堂はお祭り!

2010年02月02日

冬の京都旅行-通し矢、は見れなかったけれど三十三間堂はお祭り!

冬の京都旅行2日目。1月17日(日)。この日は、三十三間堂で「通し矢(大的大会)」の催しが行われるということで、計画に入れていました。確かかなり前に、偶然にもこの催しの日に三十三間堂を訪れ、凛とした袴姿の男女を目撃し、かなーりかっこいいなぁと感動したからです。弓道をなさっている若者とその家族で大賑わいの会場は、出店まで出ていて、まるでお祭り。さらに、三十三間堂は無料公開。ごったがえす、とはこのことです。


護法神像の博物館の空気を思いっきり吸い込めば

意外にもゆっくりと「国宝 風神・雷神と二十八部衆」を眺め、自分に関係ありそうな属性をもった方を拝み、「国宝 千手観音坐像」ではしばしそのありがたい姿に見とれ、日々のことを感謝しました。やっぱり三十三間堂はすばらしい!

ハヤテノコウジは「疾風」かつ「雲起風生(クモオコリカゼショウズ)」を生きる使命としているので、「風神・雷神像」はどんぴしゃ。三十三間堂のウェブサイトによりますと、「風神は、ヴァーユと呼ばれ、数頭立ての馬車で天を駆けて悪神を追い払い、富貴栄達を授ける神とされ、一方の雷神は、ヴァルナという水神だといわれます。」ということです。このお二人をモチーフに、いつか絵を描いてみましょう。

三十三間堂


「重文 千体千手観音立像」も「仏像の森」と表現されるほど、圧巻。私は横からの構図が好きです。ほんっとありがたやーありがたやー。

肝心の「通し矢」をなさっているヤングの姿を見ることはできませんでしたが(大変な混雑のため)、他のブロガーさんたちの記事で堪能することができました。


参考情報:
三十三間堂ウェブサイト
http://sanjusangendo.jp/index.html

三十三間堂DVD
極める・日本の美と心 京都の名刹 15 三十三間堂・妙法院 [DVD]
極める・日本の美と心 京都の名刹 15 三十三間堂・妙法院 [DVD]

三十三間堂文献
新版 古寺巡礼京都〈18〉妙法院・三十三間堂
新版 古寺巡礼京都〈18〉妙法院・三十三間堂









posted by hayate at 22:48 | 京都の神社仏閣 はてなブックマーク - 冬の京都旅行-通し矢、は見れなかったけれど三十三間堂はお祭り!
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

ハヤテノコウジ情報:モレスキンアート

2010年02月02日

京都ネタではございませんが、運営者情報です。

モレスキン、という素晴らしい手帳に、絵を描いています。

クリックすると、大きい絵のページへ。
北関東のとある風景

ハヤテノコウジの本部にも、ぜひ遊びに来てください。

シンクアイデアズ

posted by hayate at 22:12 | その他なんでも はてなブックマーク - ハヤテノコウジ情報:モレスキンアート
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

((ナビゲーション)) トップページ > 2010年02月

冬の京都旅行2010年1月-目次

2010年02月01日

2010年1月の京都旅行記です。

冬の京都旅行-鴨川散策
http://kyotolove.seesaa.net/article/139887571.html

冬の京都旅行-「高瀬川くりお」さんで京都ブロガーオフ会(夜の部)
http://kyotolove.seesaa.net/article/139630309.html

冬の京都旅行-錦から四条河原町を歩く
http://kyotolove.seesaa.net/article/139546215.html

冬の京都旅行-「はちはち infinity cafe」に連れてって
http://kyotolove.seesaa.net/article/139449985.html

冬の京都旅行-西賀茂チーズに感動!パティスリー菓欒(からん)さん
http://kyotolove.seesaa.net/article/139226195.html

冬の京都旅行-中華のサカイ(みその橋店)にてランチ。オフ会2幕。
http://kyotolove.seesaa.net/article/139223909.html

冬の京都旅行-上賀茂神社(賀茂別雷神社:武者神事)見学
http://kyotolove.seesaa.net/article/139215657.html

冬の京都旅行-建仁寺で開放的な庭を楽しむ
http://kyotolove.seesaa.net/article/140858471.html

冬の京都旅行-京都在住のエンジニア「Keisukeさん(京都SWITCH)」と散策
http://kyotolove.seesaa.net/article/140391142.html

「五辻のこんぶやさん」のお茶漬けを朝食に
http://kyotolove.seesaa.net/article/140381609.html

冬の京都旅行-通し矢、は見れなかったけれど三十三間堂はお祭り!
http://kyotolove.seesaa.net/article/140079104.html

posted by hayate at 00:00 | 京都旅行計画 はてなブックマーク - 冬の京都旅行2010年1月-目次
| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
SI







新着記事
京都DVDスライドショー
カテゴリ
この記事に関連する、書籍情報が表示される(はず)です。

カスタムサーチエンジン

↓京都について、Q&Aサイトなどで調べたい方用の検索エンジンを設定しました。
最近のトラックバック
京都のDVD
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
報道ステーション 矢野健夫 感動絶景シリーズ~京都~ [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
本上まなみの極文学的京都 [DVD]
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
「京都 四季百景」HD DVDツインフォーマット版
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
NHKスペシャル 京都 五山送り火 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
virtual trip 京都の紅葉〈低価格版〉 [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~銀閣寺・平等院・龍安寺・・・癒しの庭散策~ [DVD]
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
日本庭園~和の庭を楽しみ尽くす、庭園めぐり~DVD-BOX
京都彩時記 冬 [DVD]
京都彩時記 冬 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都百景 [DVD]
京都関連tweet

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。